喜ばれる差し入れとは

どの時間帯に行くのが良いのか

大工さんが休憩する時間

工事の現場では、12時から13時にお昼休憩を挟みます。
さらに午前と午後にも1回ずつ短い休憩を挟むことが多いので、その時に差し入れを持って行くと良いですね。
作業が中断している時だったら、邪魔になることはありません。
どうしても休憩の時間に行けない場合は、他の時間に行っても構いません。

ですが大工さんが作業していた場合は、すばやく差し入れを渡して帰ってください。
長々と現場に居座ったり、大工さんに話しかけたりすると作業の邪魔になってしまいます。
大工さんたちを応援する気持ちで差し入れを渡しているのに、邪魔になったら意味がありません。
そのことも考えて、どのタイミングで現場に行けば良いのかスケジュールを決めましょう。

ちょうど良い温度のまま渡そう

温かい飲み物や冷たい飲み物を、差し入れに持って行く人がいると思います。
しかし休憩のタイミングとずれていると、差し入れを置いているうちに温度が変化してしまいます。
温かい飲み物が冷たくなったり、冷たい飲み物がぬるくなったりするのでおいしく飲めません。
温度を維持したまま大工さんに飲んでもらえるように、休憩時間のタイミングで行くのが良い方法です。

また現場に差し入れを渡しに行ったタイミングで、近所の人にあいさつを済ませましょう。
工事中はかなりうるさい音がするので、周辺住民に迷惑を掛けているかもしれません。
住宅が完成してそこで暮らすようになってからトラブルが起きないよう、事前に周辺住民と顔見知りになっておきましょう。


この記事をシェアする