喜ばれる差し入れとは

会話のきっかけになる

気になることを聞く

実際に現場に行くことで、住宅が完成していく様子を見られます。
その時に、疑問を抱くかもしれませんね。
気になったことがあれば、何でも大工さんに聞いてください。
なかなか質問するタイミングを掴めない人がいますが、差し入れを渡すタイミングを利用するのがおすすめです。

大工さんはこちらの質問に親切に応えてくれるので、気になっていることを解決できるでしょう。
どんどん大工さんに話しかけて、仲良くなってください。
仲良くなることで、大工さんはいつも以上に気合を入れて真剣に工事に臨んでくれると思います。
ただ質問するタイミングは、大工さんが忙しくない時間を狙ってください。
休憩時間が終わって大工さんが作業に戻ろうとしたら、引き留めないで現場を見守りましょう。

雨が降っている日は避ける

工事の内容によっては、晴れている日しか作業を進めることができません。
ですから雨の日に現場に行っても、大工さんがいないかもしれません。
せっかく差し入れを持って行ったのに無駄になってしまうので、晴れている日に行くのが良い方法です。
また雨が降っていると傘をさして移動するので、面倒に感じると思います。

住宅が完成するまでに何回か見学に行くと思いますが、そのたびに差し入れを準備してください。
差し入れを持って行かなければいけないと決められているわけではありませんが、こちらの気持ちを伝えるために持って行くことをおすすめします。
何回も現場に足を運び、住宅が完成する様子を見守ることで、次第に住宅に対して愛着が湧きます。


この記事をシェアする